2019年12月22日

シェムリアップ風俗レポート2019

今回は過去記事ではなく、お馴染みモンキー様から頂戴しました、先月のシェムリアップ体験談です。

a0731_000621

ANW様、いつもお世話になっております。
今回のシェムリアップ旅行ではToptownに行こうと思ったのですが、どうも真っ暗で営業していなさそうだったので、Pattaya Bar (=ソクサン, 松山)と、Platinumに行って参りました。
DSC_12692

パタヤバーはリキシャやトゥクトゥクドライバーには、ソクサンの方が通じる様です。


入るとバーカウンターでまずお酒を飲み、「女の子は?」と聞くと、すぐにカラオケルームでショーアップして選択、お値段はショートUS$60、ロングUS$100でした。


カラオケが好きではない私は、カラオケ無しですぐに連れ出せるシステムでよかったです。


22時頃で女の子は20名ほどいましたが、選べるレベルの娘が結構いました。

私はこれぞクメールだ、と勝手に思った娘を指名してショートを選ぶと、バーの裏手にあるモーテルまでトゥクトゥクで移動しました。


服脱ぎアシスト無し、洗体アシスト無し、特にサービス無しのまぐろ娘でしたが、美人さんなので、まぁ、いいかという感じでした。

CIMG2773

2日目は少し奮発してプラチナムにいきました。


こちらはカラオケルーム必須で「女の子は?」と聞くと、カラオケルームにてショーアップして選択、 23時頃で女の子は30名ほどいました。

やはり パタヤよりレベルが高かったです。


カラオケはせずに音楽をBGMがわりに尾根遺産とお話してました。

部屋についているアシスタントの子が、何もすることが無くて暇そうでした(笑)


どういうシステムになっているか尋ねると、値段はショートUS$100、ロングUS$200でした。

この時間でも結構客が入っており、さすがに強気でした。

なお、娘さんは全員お餅可能ですが、ディスカウントは絶対ダメ、とのことでした。


ちなみに今回選んだ娘さんは昨日の娘と違い、すごくサービスが良かったです。

カラオケ代は無駄になりましたが、1時間のコミュニケーションで打ち解けたので、やはりそういうのが大事なんだなと思いました。

あと、レシートもあるなど、かなり明朗会計でした。

CIMG2074

なお、今回は北朝鮮レストランにも初日の晩に行きました。

行くとバスが5台ほど、韓国人が団体で200名ほどいたと思います。


ショーは撮影禁止でしたが、店員さんとは記念撮影可、のようでしたので、韓国人の後に、私も一緒に撮ってもらいました。


写真のお姉さん、今まで出会った中でトップクラスの美人さんでした。

彼女は舞台で歌ったり踊ったりしている間にそのままの衣装で給仕もしてました。

みんな走っているのが印象的でした。


しかも、「どこから来たの?」と英語で尋ねられたので、「ジャパン」と答えると、「ありがとうございまーす」と返ってきました。


その後もビールを注ぎに来た時に「美味しいですか?」や、「ゆっくり食べてね」など、

日本語も話せてすごいな、と思うと同時に、我が国の同輩も結構きているんだなと思いました。

また、アメリカ人の客と外でたばこを吸っていたら「ビール1本US$15、世界一高い」で話が盛り上がりました。


ちなみに、韓国人観光客の団体は、ショーが終わったらさっさと帰り、レストランは私たちがいても半分電気が消されました(笑)

今回のカンボジア旅行で最大の収穫は、タクシー配車アプリ「PassApp Taxi」が普及していてかなり便利だったことです。


glabみたいな感じで リキシャやトゥクトゥクも呼べました。

昔、 トゥクトゥクのおやじとハードネゴしたのがウソのようです。

今回はANW様のおかげをもちまして、楽しいナイトライフを過ごすことができました。また、機会があったらご報告致します。


≪管理人より追記≫

このアーカイブ・ブログ記事は今回が最後となります。

お越しいただきました皆さま、ありがとうございました。



asianightwalker at 00:52|PermalinkComments(0)

2019年12月15日

2019/4/27ナーガワールドはエロ・ワールド

プノンペン唯一の本格カジノ併設ホテルがナーガ・ワールド(金界、Naga World)です。

ギャンブル愛好家以外は縁遠いホテルかと思いますが、金持ち狙いの尾根遺産たちがいるのも事実。


コスパ的には甚だ疑問なので「オトコの夜遊びガイド:プノンペン編」には情報収録しておりませんが、今回は私の知り得た情報を公開いたします。

◎フリーランス

入場料なしのカジノなので、他国のカジノのようにマシン・エリアに座って客待ちしていてもよさそうなのですが、巡回してみた限り、それらしい姿はありません。


フリー尾根遺産(と思われる)の出没場所は、主に2ケ所。


1ケ所目はナーガ1のロビーにあるカウンターBAR。(ナーガ1は旧館、ナーガ2は新館)


チェックイン・アウトをするカウンターのすぐ脇にあります。

夜8時くらいではまだチラホラですが、週末の夜10時くらいには2ケタはいました。カウンターの席が満杯で、カフェ用?のソファ・スペースにまで進出しています。


横を通り過ぎるだけで品定め可能なことは利点でしょうか。

naga2-Phnom-Penh


2ケ所目は同じくナーガ1のBAR「Darlin' Darlin' Music Lounge」。

館内からもアクセスできますが、非常にわかりづらいです。館外に一旦出て北東角に向かいますと、ネオン看板と入口があります。


リバーサイドと比較すると、尾根遺産の年齢層は高め。相場も言い値で2倍程度はします。英語通用度もリバーサイド以下。


英会話が堪能とか、美的レベルがメチャ高とか、コストなりのメリットがあるなら推奨もできますが、そうではないので「プノンペン編」に収録していないのです。


ナーガで散財しているのは9割以上が中華系の客ですから、英語の必要性よりも中国語なのかな、と。

ナーガにご宿泊で、外出が面倒という場合には利用価値はあるかもしれませんが。

 

◎歌わずに連れ出せるカラオケ

ロビー階に目立つ看板がなく(私が気づかなかっただけ?)、存在があまり知られていないと思われるのが、カラオケ「88」。


ロビー階にあるエレベーターのひとつで2階に上がります。客室に行くエレベーターとは違います。場所も奥まっていて目立ちませんのでフロントで場所を訊くことをおすすめします。


2階で降りるとそこはもうカウンターBAR。尾根遺産たちが椅子の数以上に勢揃いしています。


店の奥にカラオケ部屋もありますが入室する必要はなく、カウンター・エリアで顔見世させて、即テイクアウトできます。周囲をグルリと囲まれてのショーアップは壮観ではあります。


私は此処に2度、連れて行ってもらいましたが、見学のみ。だって200USDもするんですよ?!


しかも特別ハイレベル、というわけでもありません。年齢層はフリーランス群とほぼ同じ。平均してリバーサイドより数歳上かと。


一律ロング価格とママはいいますが、知人の話ではショートで帰ってしまう尾根遺産も多いそうです。


主力はもちろんカンボジア尾根遺産ですが、数名ベトナムも。初回入店時にはロシア系も3名いましたが、リピート時には姿がありませんでした。



asianightwalker at 18:34|PermalinkComments(0)

2019年12月07日

2019/3/30リバーサイドにいた絶世の美女?

今回は私の友人の体験談です。レポート風に私がまとめました。

舞台はカンボジア。プノンペンのリバーサイドにあるビアバー群の一角です。

◎目に飛び込んできたのは

セントラル・マーケット西の中華食堂街で腹を満たして、いざリバーサイドのビアバー群へとトゥクトゥクを走らせます。


派手なネオンが前方に見えてきて、最初に目にとまった看板がTOKYO何とか、という店。

海外でTOKYOの文字を見て、なんとなく入りやすい店だと感じてしまうのは、日本人の悪い癖でしょうか。


一旦、ビアバー群の東端まで車内から下見をして、来た道を徒歩で引き返しながら店先の尾根遺産たちを鑑賞します。


カンボジア女性とのお手合わせは初めて。印象として小柄で色黒な(失礼!)尾根遺産ばかりで、ちょっと自分の好みのタイプとは合致しないため、道路から眺めるばかりでした。


やがてビアバー街の西端が近づいてきました。「とりあえずTOKYO何たらに入ってみるか」と考えていたその瞬間、私の視線はその1軒手前の店先にロック・オン!


カンボジア人らしからぬ長身。スラリと伸びた細くて長い脚。ゆうにEカップはありそうな胸の谷間。

私と視線が合うと、手招きしてきます。まるで吸い寄せられるように店内へ。

 IMG_20180911_095749

◎その店は、まさかの

手狭な店内に入ってみると、入口付近にいたのは見るからにソレとわかる、不細工なオカマちゃん。

奥から登場してきたママ?も、ひょうきん系のオカマちゃん。

あれっ?ということは・・・・もしかして・・・???


しかし目の前で微笑んでいる美女は、どこからどう見てもLBには見えませんでした。

すぐにビールが運ばれてきて、まずは美女と乾杯。「どこから来たの?」などとまずはお決まりのトークが始まります。英会話もそこそこできる尾根遺産でした。


意識し過ぎでしょうか、彼女の声は低めなので、疑念はムクムクと巨大化していきます。


アイドリング・トークの最中に、2杯目のLD。あらためて乾杯。

ここで意を決して、核心の質問をしてみました。


ウソだぁぁぁ~~~!!! 
(←原文まま)

◎誘惑を断ち切って

このサイトで以前、磯仁様によるプノンペンの新宿2丁目?のレポートを読んだことを思い出しました。

でも、あれはエリアがリバーサイドではなかったはず。


「アイ キャント ビリーブ」と何度言ったことでしょうか。

すると彼女(?)、私の手を自分の豊満なオッパイに導きます。

固っ! これでハッキリわかりました。


でも、その事実を知ったうえであらためて見直しても、にわかに信じがたいくらい、私好みの尾根遺産。

周りにいかにもなオカマちゃん達がいなかったら、速攻で口説いて持ち帰っていたことでしょう。


「あなたのホテルで、朝まで一緒にいてもいい?」
と誘われ、いよいよ頭の中はカオス。ちなみにこれまで、人生で一度もソッチ系の方々と遊んだ経験はありません。


「もう手術は終わって、アレは除去されているのよ」
と囁く彼女。ここで疑問が。ということは、穴がある、ってこと?

「あるんだけれど、まだ手術して間もないから、今はまだできないの」

「もし入れてしまったら、血だらけになっちゃう・・・・」


この言葉がなかったら、最終決断は違ったものになっていたかもしれません。

プノンペンで人生の新たなステージに踏み込む寸前でした。



asianightwalker at 15:43|PermalinkComments(0)